慶応大学を見据えた中学受験対策法や子供を勉強好きにさせる方法

子供が小学生の時、慶応大学を目標とした中学への受験対策をしました。中学受験は必要ないという声もありましたが、子供の勉強癖を付けさせるには、小学生のうちから受験対策をさせるべきだと思っています。
最初は勉強をしたがらずに、塾に行っても怠けてばかりいました。集団講義では駄目だと直感し、すぐに個別指導塾に通わせました。さすがに個別で怠ける事は出来なかったみたいで、成績が上昇していきました。本人も、勉強が楽しいと感じてくれたみたいなので私も嬉しく思いました。
子供から家庭教師も付けて欲しいと言い出した時は耳を疑いました。その後、慶応大学生を多く出している難関中学へ合格する事が出来たので嬉しく思いました。
中学に入ってからもより勉強に勤しんでくれています。やはり、慶応大学の様な難関大学に合格するには、受験対策として小学生のうちから勉強させておくのが正解だと思うので、早いなんて思わずに、塾や家庭教師を付ける事が大切です。