子供の慶応大学の受験対策を早いうちからしました

私は、慶応大学の法学部を卒業して、卒業後に弁護士の資格を取得し、今では法律事務所を経営しています。法律事務所は、順調に収益をあげる事ができているので、私の子供にこの法律事務所を後継してもらいたいと思いました。
その為には、私が行っていた慶応大学の法学部に入学してもらいたいと思いました。慶応大学の法学部の入試は難易度がとても高くて、受験対策として、子供のうちから慶応大学を目指して勉強をしてもらわないといけないと思いました。
まずは、慶応大学の法学部に合格者を沢山だしている中学に、子供を入れようと思って、その中学の受験対策として、塾に通わせて、家庭教師を付ける事にしました。
子供は、遊ぶ時間も少なくなりましたが、これも将来の子供の為だと思って、頑張ってもらう事にしました。受験対策のおかげで、子供の学力が徐々に向上するようになり、志望していた中学に合格する事ができました。これも、塾と家庭教師のおかげだと思って、本当に感謝をしています。